Request a Demo

小売業者はソーシャルへの掲載を改善することで消費者にアピールできることが新しい調査で明らかに

サンフランシスコ (2014年7月21日) – 予測的メディア最適化テクノロジーで世界をリードするKenshoo (www.Kenshoo.com) と小売業者の商品販売支援を専門とする業界をリードするセマンティック広告企業であるDataPop (www.datapop.com) は本日、初公開となる「Search and Social Commerce Index (リスティング/ソーシャルコマース指標)」を発表しました。40社を超える小売業者とその公開済みの300万点の商品の分析に基づくこの初公開の四半期指標では、消費者がソーシャル商品を見つける際の傾向を捉えて小売業者が適切な投資を行い、クロスチャネルでの成功を目標にリスティング/ソーシャルコマースの戦略を調整する機会を示しています。

「商品リスト広告と検索が小売業者の全サイトトラフィックの半分以上を引き続き占めていますが、Pinterest、Polyvore、Houzz、Waneloなどのソーシャルコマースサイトは小売業者のトラフィックとセールスが急上昇しています」とDataPopのCEOであるJason Lehmbeck氏は述べています。「マーケターの42パーセントは既にソーシャルコマースを活用しており、この割合は引き続き上昇していくはずです。」

指標に関する無料レポートに掲載されている主要事項:

  • 小売業者は、商品の1.7%しかソーシャルコマースに掲載しておらず、ソーシャルコマースを利用したブランディングと商品販売のビジネスチャンスを逃している
  • 小売業者は、最も人気の高い商品カテゴリの商品であっても、ソーシャルコマースを利用して商品の7.2%しか掲載していない
  • 小売業者の70%は、ソーシャルに掲載する内容と、消費者が新しいブランドや商品を探す際に最も関心を持つ事柄とのマッチングに失敗している

「Kenshooは、デジタル広告において消費者の意向データをマッチングさせる方法を熟知しており、DataPopとのコラボレーションによって小売に関する主要な洞察を強化できます」とResolution Mediaのチーフ戦略担当のGerry Bavaro氏は述べています。「スキルを持ったマーケターが上記の事項を確認すれば商品リスト広告キャンペーンのデータを活用するはずであり、レポートはリスティング/ソーシャルコマースのクロスチャネルを活用する方法を理解するのに役立ちます。」

ソーシャルコマースネットワークのデータとGoogleショッピングキャンペーンのデータを比較すると、マーケティング投資を改善する2種類の機会を得ることができます。データを使用して、消費者の意向というレンズを通して調査することで、商品広告を最適化できます。同様に商品リスト広告のデータを使用して、Pinterest、Polyvore、Houzz、Waneloで共有されていない最もパフォーマンスの高い商品を提示することで、ソーシャル商品販売のギャップを明らかにできます。

「ソーシャルデータは当社のメッセージ発信に非常に役立っていて、A/Bテストマーケティングレスポンスの最高のリアルタイムプラットフォームであり、製造の需要予測にも欠かせません」とDSTLDのCEOであるCorey Epstein氏は述べています。「詳細なターゲティングと組み合わせることで、ソーシャルメディアは新規顧客獲得数の50%以上を占めています。」

「Polyvoreでファッションのショッピングをする消費者が増えるにつれてトラフィックとセールスを最も増やしているのは、最も質の高い商品メタデータを持ち、商品カタログをフルに活用し、当社サイトの商品エンゲージメントを理解している小売業者であることが分かりました」とPolyvoreのチーフ収益担当であるArnie Gullov-Singh氏は述べています。「当社は、DataPopとKenshooがソーシャルコマースの分野に価値の高いツールと洞察を導入することに期待しています。」

kenshoo.com/kenshoo-datapop-ssci にアクセスして、初公開の「Search and Social Commerce Index (リスティング/ソーシャルコマース指標)」をダウンロードしてください。

DataPopについて
DataPopは、あらゆるチャネルとデバイスでの最適な商品販売を可能にするテクノロジーソリューションの世界有数のプロバイダーです。DataPopの特許を取得しているセマンティック広告テクノロジーにより、小売業者とブランドは、革命的なマルチディメンションのProduct Knowledge GraphsTMを利用して従来の商品カタログを強化できます。DataPopのテクノロジーでは、リスティングとソーシャルの両方のシグナルを活用し、消費者が商品を検索して見つける際に最も重要な事項についてクロスチャネルの最適化と洞察を可能にします。結果として、DataPopのクライアントは、キャンペーンのパフォーマンスが劇的に上昇し、小売商品に対する消費者エンゲージメントについて価値ある洞察を得ることができます。詳細については、 www.datapop.com にアクセスするか、TwitterでDataPop (@DataPop) をフォローしてください。

Kenshooについて
Kenshooは、クラウドベースのデジタルマーケティングソリューションと予測的メディア最適化テクノロジーを開発しているグローバルなソフトウェア企業です。Kenshoo Search、Kenshoo Social、Kenshoo Local、Kenshoo SmartPath、Kenshoo Halogenを利用する有力企業、広告代理店、デベロッパーは、そのプラットフォームを通して年換算で2,000億ドルを超える顧客売上を上げています。Kenshooは、Facebook、FBX、Twitter、Google、Yahoo、Yahoo Japan、Bing、Baidu、CityGridを対象とする広告のネイティブAPIソリューションを備えた、唯一のFacebook戦略的認定マーケティングデベロッパー (sPMD) です。Kenshooは、190か国以上に及びフォーチュン50社のほぼ半分の企業、および世界トップ10の広告代理店ネットワーク全てについて、そのキャンペーンをサポートしています。Kenshooのクライアントは、CareerBuilder、Expedia、Facebook、KAYAK、Havas Media、iREP、John Lewis、Resolution Media、Sears、Starcom MediaVest Group、Tesco、Travelocity、Walgreens、Zapposなどの企業です。Kenshooは、世界中に23の拠点があり、Sequoia Capital、Arts Alliance、Tenaya Capital、およびBain Capital Venturesによる支援を受けています。詳しくは、www.Kenshoo.com にアクセスしてください。

Kenshooのブランドおよび製品名はKenshoo Ltd.の商標です。その他の会社名およびブランド名はそれぞれの所有者の商標です。